自動車ローンを組むにはローンの審査をパスしなければいけない

車の購入でローンを組むためにはローンの審査をパスする必要があります。

自動車ローンの審査はローンの種類によって厳しさなども違っていますが、一般的にはローンの借り入れ額が高ければ高いほどローンの審査は厳しく、ローンの審査が甘いと借入限度額もそれほど多くなりません。

ローンの審査の厳しさは金融機関によっても異なっています。

一般的に銀行系のローンは金利が低い代わりに審査は厳しいとされていて、消費者金融などの民間のローンの審査は比較的甘いものの金利は高くなるとされています。

ローンの審査基準などもそれぞれの金融機関によって違っているのですが、ローンの審査で共通的にチェックを受けるのは、年収、勤続年数、持家などといったところです。

他にも他社からの借入がないか、過去に金融トラブルや事故を起こしていないかどうかを確認されることが一般的です。

もちろんローン審査を行う目的はローンを融資した後に利用者がきちんと返済することができるのかどうかを確認することです。

ローンを組んでも返済ができないことになれば、金融機関など貸し付けた側は大きな損失をこうむることになります。

金融機関等はローンの審査をすることによって利用者が返済できる能力があるかどうかを厳密にチェックしているわけです。

ローンの審査は信用情報機関に問い合わせて、過去の金融の借り入れのデータなどを照会した上で行われます。

他社からの借り入れが多い場合や、一度自己破産をしている、滞納しているなどあった場合には、ローンの審査に通りにくいので注意が必要です。

ローン審査に通るためには勤続年数やある程度の年収も必要です。


自動車ローン審査が通らないケースで一番多いのは、やはり過去において自動車ローンの返済をきちんとしていないという理由のようですね。

返済が滞ったことがあるというのは、自動車ローンの業界では「前科」があるようなものでしょう。

この前科があれば基本的に新しいローンは組めないと覚悟するべきでしょう。

そんなことにならないよう、自動車ローンは無理のない形で組んできちんと支払えるようにするべきでしょう。

このページの先頭へ