返済方法によるメリット、デメリットを知っておこう

ローンをこれから借り入れるという人はローン返済についてきちんと計画を立てたうえで借り入れを行った方がいいでしょう。

自動車ローンをこれから組む場合でも、きちんとローン返済については考えて、月々どれくらいの支払になり、きちんと返済が継続して行えるのかどうかは知っておく必要があります。

ローン返済についてきちんと計画を立てておかなければ、後からローン返済に困ってしまうこともよくあると思います。

ローン返済が出来なくなった場合には、せっかく購入した自動車を手放さなくてはいけなくなるでしょう。

ですからローン返済をきちんとできるかどうかという点については、あらかじめ計算した上で計画性を持って行うことをお勧めします。

ローン返済などを見極めるために便利なものがあります。ローン返済シュミレーションです。

ローンを借りる前に事前にローン返済シュミレーションでローンについて色々と調べておいて返済できるかどうか、実際に近い数字を出しておけば、よりローンを返済できるかどうかがわかって計画的にローン返済が可能になります。

ローン返済に困らないようにするためにも、ローンをこれから組むという人は、必ずローン返済計画を立てるようにしましょう。

ローン返済計画をきちんと立てている人と立てていない人では、先の返済についても大きく違いが出てくるのが現状です。


■ローンの返済方法

ローンの返済には色々な方法があります。

ローンの返済方法は、自分の返済能力に合わせて選ぶようにするといいでしょう。

それぞれの返済方法によってメリットやデメリットなどの特徴があります。

元利均等方式のローンの返済方法の特徴としては、毎回返済する金額が同じになります。

「元利均等」というのは元金と利息を合わせた返済額を毎回均等にするという返済方法で、メリットとしては毎回同じ金額なので返済計画が立てやすいことがあげられます。

デメリットとしては、返済し始めた最初は、利息の返済にほとんどの返済金が当てられますから、元金がなかなか減りにくいという点です。

これに対し、「元金均等方式」という返済方法があります。

これは借入元金を返済する回数で割って計算さいて、残高に利息を乗せて返済していきます。

メリットとしては毎月、一定の元金を返済できますから、元利均等方式の返済方法に比べれば、ローンの返済がスムーズにいきますし、総合的なトータルの利息分も減らすことが出来ます。

デメリットとしては、金利負担の関係ではじめの方の返済額が大きくなるということです。

ローンの返済方法には、分割払いもあります。

これはローンで借り入れた元金と金利に期間をかけて計算しているもので、返済回数も均等でわかりやすい返済方法です。

このメリットは支払う利息は返済する回数の回数などに関係なく一緒ですが、リボ払いより返済がスムーズです。

また、リボルビング方式という返済方法もあります。

これは返済額が固定されているので、高額借りても月々の返済する負担が少ないのが特徴です。

しかし手数料が高くつくというデメリットもあります。

このページの先頭へ